インフラ点検

Infrastructure Inspection

Overview

サービスの概要

高所での安定した点検作業が可能です。可視による点検はもちろん赤外線撮影により、目では見えない不具合箇所を可視化して見つけやすくなります。また、人員の危険回避や時間やコストを大幅に抑えられて、点検作業の効率化を十分に発揮いたします。

Benefits

導入する利点

インフラ点検において、ドローンを使用するメリットは多岐に渡ります。特に「コストの軽減」「精度の向上」「安全面の確保」の3つは大きな要素と言えるでしょう。現在、全国的に様々な構造物の老朽化が進んでいる中、点検において迅速な対応を期待できる最適なツールです。

コストの軽減

Cost Reduction

これまでの高所点検は、足場を組み目視をして点検を行なっており、人員の手配などにコストが多く掛かっていました。ドローンによる点検ならば、高所点検作業もパイロットのみで可能となり、コストを大幅に削減出来ます。

精度の向上

Improved Accuracy

死角が出来てしまう目視の点検に比べ、ドローンによる点検であれば、様々な角度(従来では見えない角度)での撮影が可能です。さらに点検の精度も大幅に向上します。

安全面の確保

Ensuring Safety

人が入り込めない高所や山林など、危険地帯ではドローンを使用することにより安全に点検する事が出来ます。災害等でがけ崩れが発生した場合でもドローンで撮影することが可能です。

Inspection

可能な点検

現在ドローンは、太陽光パネルや架橋・電柱の点検をはじめ、災害時や風力発電所の点検に至るまで様々シーンで活用されています。

Cooperation

計測サービスとの連携

ドローンで撮影した画像をアップロードするだけで3D点群データ・オルソ画像・DSMを自動生成。計測・現状把握に利活用できるデータを手に入れられます。

弊社の主な事業

Our Service

老朽化が進む構造物の点検は、安全の為に欠かせません。ドローンによるインフラ点検は、作業の効率化と省コストを実現します。
農業用ドローンは、農薬散布用として活用することができ、作業負担・費用の軽減など様々なメリットがあります。
ドローンで撮影した写真から簡単に測量・地形データを自動生成し、距離・面積・角度などを計測・確認する事が出来ます。
ドローン画像より作物の状態を見える化を実現。全ての画像を農業関係者にとって「価値ある情報資産」に変えます。

Contacts

お問い合わせ

弊社への各種お問い合わせ、お見積もり等はコチラから
© OneSky Co., Ltd.